2020/05/21 08:17




自然豊かな臼杵市野津町の工房で行う陶器の手作り体験です。毎週、日曜日月曜日開催。

コースは2コース

《手びねりコース》1.5時間 3500円 1作品   手びねりコース

手回しロクロを使い、ひも状に伸ばした粘土を積み上げて作る手びねりと言う技法を体験していただきます。

手作り感あふれる自由な作品が作れるのが特長です。



《ろくろコース》2時間 5000円 2作品    ろくろコース

陶芸に興味のある方なら一度はやってみたい轆轤。
初めての方や子供さん(※小学生高学年から〜)
でも専門インストラクターが丁寧に教えます。

《手びねりコース》1.5時間 3500円 1作品

《ろくろコース》2時間 5000円 2作品
日時は種類の欄から日付けと
午前の部:10:00~11:30
午後の部:14:00~15:30
の2つから選べます。
※必ず5日前までにご予約下さい。

焼き上げまで約1ヶ月。作品は後日受け取りに来られるか、発送を希望の方は別途送料がかかります。

送料は地域や配送箇所によって変わりますので、当日お支払い下さい。

用意する物 : エプロン•タオル

場所 : 吉四六村工芸館 

〒8750201大分県臼杵市野津町大字野津市238-1 吉四六村工芸館の地図




講師の紹介*****



薬師寺和夫(ヤクシジカズオ)
1968年生
有田窯業大学校 ロクロ科をへて
高場英二に師事
陶芸家薬師寺和夫は大分市に生まれ、佐賀、熊本にて焼き物の技術を修得後、故郷の大分に帰郷
県南の佐伯市に窯を開く。
作品は、鉄分の多い赤土に白い化粧土を施す 粉引き の技法が中心で、
生活に根差したシンプルで温かみのある作風が特長。
近年は自らの趣味のコーヒーを楽しむための器が製作の中心になりファンも多い。
平成27年に臼杵焼復興プロジェクトに中心メンバーとして参加後は、
臼杵で昔から作られていた瓦用の粘土を一部使う陶器の臼杵焼を制作。